2004年11月22日

か、かわいい・・・

イシガキカエルウオ

イシガキカエルウオ、とってもカワイイ。
いつも半開きなあの口が何とも言えない。
泳がずに岩の上を歩いて行く姿がまた良い!

今のところ、現在のテリトリーに満足しているようで冒険はしなさそう。
posted by おの。 at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現在の水槽設備。

ここらで一旦、現在の水槽の状況を整理することに。

興味のある人はどうぞ。

続きを読む
posted by おの。 at 12:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月21日

水槽のレイアウト変更

下呂温泉の帰りに寄った海水魚ショップ「アキュリ」にて、色々相談&迷いながらウミアザミとイシガキカエルウオを購入。
ウミアザミの購入理由:好日性なので基本的には照明のみで大丈夫。
イシガキカエルウオの購入理由:これ以上はあまり大きくはなりにくい。

しかし、このままただ持って帰ると現在のレイアウト上、イシガキカエルウオがイソギンチャクに接触する可能性もある。
ということでレイアウトを変更するために、ライブロックを増やしてより立体的に組み立てることに。

なんだかんだで、結構お金を使ってしまった。
それでも"無料"でもらった物もあったりするが・・・Thanks!。

これで魚の投入はこれ以上は無理。
「アキュリ」にも当分行かなくても良いはず。
この考えによりアキュリ店長と"2ヶ月は訪れないであろう協定"を締結。

家に帰ると早速レイアウト変更。
ガサゴソ、ゴツゴツ。
いろいろかき回しているのに、魚はおとなしいもので飛び出す様子もなし、安心。
ようやく完了!
ということでパワーヘッドのスイッチを入れて水流の様子を観察。
うん、とりあえずはコレでよしっと。
ライブロックで水流を拡散さしている分、もうちょっとだけ強める可能性がでてきそう。

水槽(レイアウト変更後)

ちなみに現在の魚のテリトリー
■右半分
 クマノミ
 フリードマニー
 ヒレナガネジリンボウ

■左半分
 ハナビラクマノミ
 イシガキカエルウオ

あと、オヨギイソハゼがちらほら。
posted by おの。 at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月18日

あっ、イソギンチャクカクレエビだ。

イソギンチャクカクレエビ

最近、イソギンチャクカクレエビを見かけないので、消えてしまったかと思っていた。
が、良く見てみるとイソギンチャクにへばりついているのを発見。
こんなところで何をしてるんだろうか。
posted by おの。 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月16日

新たな仲間登場

今日の帰り、久しぶりにお気に入りの海水魚ショップ「アキュリ」へ寄ってみた。
すると何とも可愛いらしいハナビラクマノミが泳いでいた。
さらにはフリードマニーも・・・
我慢しきれずに購入。あと底砂掃除屋さんのマガキ貝と苔取り貝も。
ついでに「なんか添加しといた方がいいものってあります?」と聞いてみると、
アクアテックのミネリッチ・アクアーレを勧めてくれたのでこれも購入。
あとデニボールみたいなものも購入してみた。これで硝酸濃度が減少して安定するようだ。

続きを読む
posted by おの。 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月15日

【動画】クマノミとイソギンチャク

水槽の掃除をしながら、クマノミがイソギンチャクと戯れる様子をデジカメの動画モードで記録してみた。

クマノミのくねくねと泳ぐ姿がとても愛らしい。

音声:あり
FILE TYPE:Windows Media Video(wmv)
FILE SIZE:947KB

続きを読む
posted by おの。 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月31日

イソギンチャクとクマノミ

クマノミとイソギンチャク

今日の朝、水槽を覗いてみるとクマノミがイソギンチャクの中にいているのを発見。
どうやら一晩、イソギンチャクの中で過ごした様子。
もうすっかり自分のテリトリーを作っているようで、イソギンチャクの周りをくねくねしながら泳いでいる。
餌をやった時もイソギンチャクに餌を持っていったりする動作も見せる。
これでなんとか一安心。さてこのイソギンチャクはいつまで持つのか。
posted by おの。 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月27日

それにしても

イソギンチャクカクレエビもクマノミも毒をもっているイソギンチャクと共存するなんてスゴイなぁ〜。
うちの水槽でもイソギンチャクカクレエビがイソギンチャクと共生しているが、クマノミのほうはまだまだ。
イソギンチャクとの生活にまだ慣れていない様子。
posted by おの。 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月26日

イソギンチャクをプレゼント

クマノミとサンゴイソギンチャク

今日、クマノミにイソギンチャクをあげようと思い、久しぶりに東三国のAFRICAへ。
相変わらず生体(海水魚)は状態悪いよなぁと思いながらイソギンチャクを探す。
すると結構状態のよさそうなサンゴイソギンが・・・
おおぅ、これなら良いのではと思い。2,100円で購入。イソギンチャクカクレエビもおまけでつけてもらった。

イソギンチャク投入後、クマノミは気づいていないのか、イソギンチャクには全く興味を持たずに泳いでばっかり。
でもちょっとずつイソギンチャクに近づいたり離れたりを繰り返すようになった。
おそらくイソギンチャクの毒にちょっとずつ慣らしてるんだろうと思う。
あぁ、イソギンチャクに出たり入ったりする様子が楽しみ〜
posted by おの。 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月24日

いまだに赤ちゃん

クマノミ

クマノミが来て約1ヶ月半たったのに、あまり大きさは変わらずいまだに赤ちゃんみたいな様子で泳いでいる。
相変わらず体をクネリクネリさせながら泳ぐ様子は本当に愛らしい。
イソギンチャクでも買ってあげたいなぁと思う。
今度はシライトイソギンチャクに挑戦してみようかな。
posted by おの。 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月22日

水槽の掃除

長い間、水を換えるだけでほったらかしにしていたエデニック シェルトなどのろ過装置を掃除することに。ついでに苔で汚くなった水槽の壁面もキレイに掃除。
途中、シャコが入ったワンルームハウスを水槽内で開けてしまい、シャコが水槽の中へ逃走。慌ててライブロックを全部出して捜索。
いろいろと逆さまにしながらつついてやっと発見。
エデニック シェルトのほうはこれじゃ水が通らんぜよというぐらいフィルターマットが詰まっていて、水洗いすると水がしばらく泥水になってしまった。
掃除終了後はなんとも水槽がキレイにピッカピカ。
やっぱし水槽はキレイなままが一番!
posted by おの。 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月28日

水槽の縮小

ハゼ専用の水槽として活躍していたテトラの小型水槽。
二つの水槽を管理するのはしんどいなぁということで、メイン水槽一つにまとめ直すことに。ちょうど、ハゼもオヨギイソハゼぐらいしかいなかったので、まいっかということで。
やっぱし水槽は1つのほうがスッキリしてて良い。
posted by おの。 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月14日

クマノミ復活

本日は、西九条にある最近のお気に入りの海水魚ショップである「アキュリ」へ。
ここの魚は状態がとてもいい上に、なによりもご主人がグッドでとても優しい。
「まけて」というと気前よく「いいですよ」と言ってくれるし。
ま、そんなに甘えすぎも良くないんでちゃんと買うんですが。
ここでのんびりと見ていると、ちっちゃな赤ちゃんクマノミを発見。しかも沖縄産で丈夫ときた。
たずねてみるとすでに配合飼料には餌付いているとのこと。
では安心ということで、購入することに。
無事、元気に育ってくれますように。
posted by おの。 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月17日

立ち上げ直し中

色々あって、現在のメイン水槽には丈夫な魚の代名詞コバルトスズメが泳いでいる。
そしてなぜかアケボノハゼ。
あと、隔離されたシャコ。
寂しくなったもんである。サブのハゼ水槽も残るはオヨギイソハゼのみ。
これから魚を追加しようか、しまいか。悩みどころである。
とりあえず夏を無事このままで切り抜けたい。
posted by おの。 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月30日

崩壊

メイン水槽、サブ水槽がやばい事に・・・ほぼ崩壊。
10日間という沖縄&与論島というダイビング旅行から帰ってくると、ほとんどの魚が見当たらない。
しかも水面にはほこりのような白い粒々がたくさん浮いてるし。
これこそまさに「なんじゃごりゃ〜」by松田優作
おそらく、夏の暑さにやられた様子。小さい水槽だとこういったところが問題になるのか・・・

元気なのは、クマノミ、シャコ、オヨギイソハゼと寂しく変貌。
どうにかしてたち直さなければ。
posted by おの。 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月02日

ヒトデ登場

ヒトデ登場

久しぶりに「トロピカル水草園ウエダ」によってみると、おもしろいものを発見。
その名も「アカジュズベリヒトデ」。
なかなかキレイでしかも小さいということで、ハゼ水槽にはピッタシ!
1,000円だして持ち帰ることに。

動いている姿はまさにヒトデ。触手をもぞもぞ動かしながら移動する様はなんとも表現しがたい。なんとも変わった生物である。
posted by おの。 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月21日

ヒメキンチャクフグが・・・

本日の朝、ヒメキンチャクフグを発見。
発見した場所は水槽の中ではなく、水槽の外。どうやら何かの拍子で外に飛び出した様子。
しかし、蓋もしていたし抜け出るスペースはほとんどないことから、前日に行ったライブロックの模様替えのときかもに飛び出たのかもしれない。
もし、そうならば模様替え後の水槽を良く見ておくんだった。そのときならばまだ間に合ったかもしれないのに。
フグだけにあまりショップにも入荷されない代物(毒があるので嫌われる)なのと、とても元気に泳いでいただけにすごく悔やまれる。
くっ・・・
posted by おの。 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月06日

テトラ小型水槽の復活

水槽が二つ

ダックス C45への変更後、眠りについていたテトラの小型水槽を復活させることに。
理由は水流があまり嫌いなハゼ類をそっちで飼育することに考えたから。
そして、そのサブ水槽には次のような魚を導入することに。
・ハタタテハゼ
・ヒレナガネジリンボウ
・ランドールズピストルシュリンプ
・オヨギイソハゼ
・アオギハゼ
・ネオンピグミーゴビー
と、小さい魚ばかり。こんな小さな魚ばかりで水は安定するんだろうか?
でもヒレナガネジリンボウとランドールの共生関係が見られるのはなかなか楽しい。
がんばって維持しよう。
posted by おの。 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月29日

エデニック シェルト導入

水槽をダックス C45に変えてから、ろ過装置であるOT-30の能力に疑問を感じてきた。
それにちょっと水の流れる音が気になるし。
ということで、前から気になっていた小型外部式パワーフィルターである「エデニック シェルト」に交換することに。
また、エデニック シェルトに交換すると水流がほとんどなくなるために、パワーヘッドも導入することに。そこで一番小さくて安かった「Rio パワーヘッド180」を購入。でもホームページにはさらに小さな50とかがあった・・・。
追加でニッソーのモルトセラミックスとハニカムシートもろ過として購入。
この二つはかなり期待大。硝酸塩の心配等も減らしてくれそうな予感。

エデニック シェルトは予想していたよりも静かで驚いた。
ただ、パワーヘッドの導入で水流ができたせいで魚は慌てている様子。水流はちょっと弱めで設定しておくことに。
これでなかなか本格的な水槽に変身(満足)
posted by おの。 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月03日

シャコの脱皮!?

脱皮したシャコ

ワンルームハウスで一人さみしく生活を続けていたシャコに異変が・・・
シャコが二匹に!?
驚きながら良く見てみると、真っ白なシャコの隣に汚れたシャコの抜け殻が。
なんと、脱皮とは。
「巣穴が掘れない水槽内で飼育すると殆どのシャコは餌を食べず、衰弱死するという几帳面な性質を持っている。」
という評価のなされているシャコがうちではなんと元気に育っていることか。

今まで水槽の中を毎日というほどいじっては魚が死んでいたことを考えると、めったに手を出さないほうが、丈夫に育つのでは?と考え直させられることに。
posted by おの。 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。