2003年10月31日

事件発生

朝、起きてから水槽を覗いてみると、シライトイソギンチャクが溶けかかっていることに気づいた。
急いで、別の容器に移して様子を見守るがどんどんボロボロになっていくばかり。
そのまま、復活してくれることはなかった。
おそらく、ヒーターの近くにいたのでぶつかってしまったんだろうと思う。
動かそうと思っていただけに、ショック。。
posted by おの。 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花灯路@京都

京都・東山の散策路を花と露地行灯がほのかな灯りでライトアップしてくれる。
また特別拝観があり、知恩院、員徳院、高台寺などがとてもキレイにライトアップされる。

■Link
京都・花灯路
posted by おの。 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平等院鳳凰堂@京都

京都の宇治といえば10円玉でおなじみの平等院鳳凰堂。

鳳凰堂

よく写真で見るのとは違って池はちょっと汚れてる感じ。
また、鳳凰堂も輝いていない・・・
というのはパンフレット等で見かける鳳凰堂は朝日か夕日のどちらかが当たって鳳凰堂を写しているからだそうな。

観音堂

藤棚もあったりして、藤が咲く季節に来るとまた違った平等院を味わえるみたい。

■Link
平等院
posted by おの。 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年10月28日

翌朝の様子・・・

ハナヅタ

模様替えの実施の翌朝。
水槽を覗くと、ハナヅタのポリプが満開!
スターポリプも順調にポリプを開いているようで、いい感じ。
家に帰ってくるころには、ポリプは満開かも。
posted by おの。 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年10月27日

模様替え

模様替えをすることに。
ちびクマノミとでかクマノミは意外と仲良くやっている様子ながらも、サンゴとライブロック、イソギンチャクの三者の位置関係が微妙に気に入らないので。
ハナヅタも水流がいいように当たらないのか、ポリプを開いてくれる気配もないし。
ついでに、底にたまったクマノミのうん○もとろうかなと。

まずはせっせこ海水作り。はじめ、比重が高すぎて水をちょっと捨てる羽目に・・・もったいない。
いったん、魚たちを別の容器(ダイソーで購入したプラスチック製の米びつ:便利)に移動させ、その間にライブロックやサンゴをセッティング。
何よりも一番邪魔で考えさせられるのが"ヒーター"。でかいよな〜、でも絶対に必要・・・。

とにもかくにも無事模様替え終了。次の日以降が楽しみに。
posted by おの。 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年10月26日

いざ、海水館へ

イソギンチャクとクマノミ

今日は、海水魚を飼い始めてからWebサーフィンしていて気になっていた「海水館」にドライブがてら行くことに。
しかも店頭での営業が最終日という日に。
13時開店ということを前もって調べずに11時30分に訪問してしまった。
にも関わらず、店長さんは気さくに開店してくれた。感謝、感謝。どうもすいません。
20分ほど眺めた結果、以下のものを購入することに。
タマイタダキイソギンチャク、ハナヅタ、スターポリプ。
家に帰ってから水合わせをしている間に、またコーナンへ。
そこで、水槽の外へ貼るタイプの液晶水温計と、家にいるクマノミよりもだいぶん小さなクマノミを購入。
ちびクマノミのほうは、水槽に入れた瞬間にタマイタダキイソギンチャクの中へ。
「カワイイじゃないか」と思いながら、時間を置くためにしばらく水槽から離れることに。
しばらくしてから水槽を覗いてみると、今までずっと隅に隠れていたクマノミがタマイタダキイソギンチャクの乗っ取りを完了していた。
やっとこさ顔を出したと思えば、イソギンを乗っ取り、しかも縄張り意識を出しまくるとは・・・ま、餌も食べてくれるしこれはこれで一件落着ということで。
posted by おの。 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年10月25日

う、動かない!!

翌朝、クマノミは微動だにしていなかった・・・
「ク、クマノミもダメだったのか」と落胆しながらもピンセットで水槽から取り出そうとヒレをつかんだところ
ビクビクビクッ!! と急に動き出してまた隅っこのほうへ
「こっちのほうがビビるわ!!」と思いながらも生きていたことに一安心。
でも、ずっと隅っこのほうで動かないため、餌も食べてくれない。
このままだとやばいので対策を考えないと・・・
posted by おの。 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年10月24日

再立ち上げ

海水魚水槽第一弾の住人であったカクレクマノミはその後も餌を全く食べずに死んでしまった。やはり全くの無知からの海水魚飼育は無理なのか・・・と落ち込みながらもキャメルシュリンプは元気だったので、希望を持つことに。
そこで、「トロピカル水草園ウエダ」でいろいろと相談。
ライブロックを購入、そしてまたまた換水を実行しとうとうお魚第二弾を投入することに。
今回はクマノミとまた無謀かもしれないがシライトイソギンチャクを購入。
水合わせからの水槽への投入はとても丁寧に実施。
しかし、水槽に入った瞬間クマノミは隅のほうへ逃げ込んだまま全く持って動かなくなってしまった。
「なぜ?ってか、おびえすぎっ!」
どうなることやら・・・
posted by おの。 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年10月13日

海水魚、飼育二日目。

二日目の様子。

カクレクマノミの水槽が立ち上がって二日目。一日たったから大丈夫だろうと勝手に考えて、昨日作った海水を使って換水をしてしまった。
一応、カクレクマノミは優雅に泳いでくれるも、全く餌を食べてくれない・・・。
なんでだろうと思いながらも再びコーナンへ行くことに。
なんかないのかなとのんびり海水魚コーナーを見ていると、えびが!?
なかなかおもしろそうだったので、そのエビことキャメルシュリンプを購入。
水槽に入れたところ、問題なく住民化。
しかしカクレクマノミはということ餌も食べずに泳いでばっかし。
大丈夫なんだろうか・・・
posted by おの。 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年10月12日

海水魚飼育事始め。

以前からミドリフグが気になっていた。そこで思い立ったが吉日ということで近くのホームセンターコーナンに行くことにした。愛車のミニ・クーパーに乗って。
コーナン到着後、即、熱帯魚コーナーへ。左からのんびり眺めていると、ミドリフグを発見!! なかなかカワイイではないか。
フグの水槽を指でつつきながら「水槽どうしよう・・・」と考えていたところ、ふと右のほうにもまだ水槽があることに気づいた。
「ん? ん? ん〜?」
なんと、カクレクマノミが!! しかもさらには大好きなハタタテハゼが!!
ダイビングで海に潜る時に見られる魚が目の前に。海水魚を飼うなんていう思いが全くなかっただけに大ショックだった。
海水魚か・・・飼いたい。でも海水を大量に作るのは大変なのではっと思っているところに良さげなものを発見。それは
「テトラ グッピー飼育セット」
これなら作る海水は少なくて済むし、何より机の上に置けるというのがグッド。
ということで、何の前提知識もなく海水魚を飼うことにした。
ハタタテハゼは 1匹 1,780円、カクレクマノミは 1匹 880円。ということで、カクレクマノミを2匹購入することに。
一緒に買ったのは、人工海水の元、海水を作る時に使う比重計、バクテリアが入ったPSB、水槽に敷くサンゴ砂。
最初は多めに入れてもらったショップの海水でしのぐことに。
家に帰ると早速、水槽セッティングと海水づくり。水槽の中にカクレクマノミが泳ぎだすと「感動!!」
しかし、この時は海水魚の飼育の難しさをまだわかっていなかった。
posted by おの。 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のお魚飼育記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。